認印のこだわり

認印実印以外にも重要な印鑑はあります。
それは認印と呼ばれる物で、日常生活で一番使用頻度が高い印鑑になっていますのでこだわる方も多くなっております。
認印は長年しまっていて重要な時にだけ使用する実印と違い、非常に使用頻度の高い印鑑になります。
例えば保険の契約やアパート契約のような契約の時であったり、宅配便を受けとったり回覧板に捺印する時など非常に頻度が高くなっております。
また、会社などの場合には、回覧物や出勤簿、伝票などの書類に捺印する時など非常に使用頻度が高くなっております。

また実印と比べて認印は人前で使用する機会の多い印鑑という事になります。特に職場などで利用する機会が多い印鑑ですので、周りの方が見ている状況であまり格好の良くない印鑑を使っているというのも周りからの目も気になります
時計やスマートフォンのケースのように、認印にお金をかけてオシャレにする方も増えているのです。やはり普段使いする印鑑がおしゃれで格好いい物ですと浸かっていて気分が良くなります。たかが認印という認識が定着している中で、そこにしっかりとお金をかけているのはかなりポイントが高いと思います。大人の第一歩ですので、良い認印を購入してみてください。


筆者について

管理人

記事を表示 →