登録できる印鑑

実印は一生涯使用していく最も重要な役割を担っている印鑑になります。そのため、しっかりとした物を購入する必要があります。そもそも実印は、住民登録をしている市区町村に印鑑を登録しておいて、資格の試験や引越しなどの必要に応じて、印鑑証明の交付を受けられるようにしている国が認めているハンコのことです。個人が市区町村役場に特定の印鑑を登録する事によってその印鑑が公的な役割を担う重要な印鑑として認められた事になるのです。

印鑑はどのような印鑑でも実印として登録できるというわけではありません。印鑑の大きさが8mm以上で25㎜以内の正方形の枠内に収まらなければいけないという決まりの他、印面の欠けているものでは登録することができません。また、輪郭が欠けていたり、輪郭が元々ないような印鑑も登録する事ができません。他にも市町村によって条例がことなりますので、印鑑登録する場合には、どこの市町村でも大丈夫なようなサイズや仕様の物が重要になります。印鑑はサイズなどにはしっかりとした条件がありますが、楕円形や角印のような形でも問題なく登録する事は可能となっております。印鑑を作るさいには、まずはサイジングについて詳しく知っておく必要があるのです。