おすすめの材質とは

印鑑は材質が良いものは、当然の事ながら値段もかなり高くなっています。あまり使わないので、利用する機会も少ないですし、人目に触れる時間も少ないので、安い物でも十分のように思われるかも知れませんが、実印は値段が多少高くなったとしても、しっかりとした物を購入する事をおすすめします。

なぜ実印はしっかりとした物を購入しなければいけないのかというと、長く同じ物を使わなければいけないからです。端がかけてしまったり、割れてしまうような素材で作った安い印鑑ですと、破損した度に市役所にいって印鑑登録をしなおして、銀行などに印鑑が変わった事を届け出なければいけません。そのため、自分自身を証明するアイテムとして長く使える印鑑を購入する必要があります。

実印で多くの方が持っているのが象牙の印鑑です。象牙の印鑑は、少し黄色みがかった白で大人の方が持っているのにぴったりな高級感を出してくれます。また、象牙の印鑑はキレイなだけでなく、耐久性に非常に富んだ材質となっております。丁寧に使っていけば、一生ものの印鑑として使う事ができる丈夫さも人気となっております。また、捺印性の高いので、綺麗な印影を押す事が出来るなど非常にメリットの高い材質となっております。

参照ページ≪好きな材質を選んで印鑑を作成してもらえる通販サイト いいはんこやどっとこむ

登録できる印鑑

実印は一生涯使用していく最も重要な役割を担っている印鑑になります。そのため、しっかりとした物を購入する必要があります。そもそも実印は、住民登録をしている市区町村に印鑑を登録しておいて、資格の試験や引越しなどの必要に応じて、印鑑証明の交付を受けられるようにしている国が認めているハンコのことです。個人が市区町村役場に特定の印鑑を登録する事によってその印鑑が公的な役割を担う重要な印鑑として認められた事になるのです。

印鑑はどのような印鑑でも実印として登録できるというわけではありません。印鑑の大きさが8mm以上で25㎜以内の正方形の枠内に収まらなければいけないという決まりの他、印面の欠けているものでは登録することができません。また、輪郭が欠けていたり、輪郭が元々ないような印鑑も登録する事ができません。他にも市町村によって条例がことなりますので、印鑑登録する場合には、どこの市町村でも大丈夫なようなサイズや仕様の物が重要になります。印鑑はサイズなどにはしっかりとした条件がありますが、楕円形や角印のような形でも問題なく登録する事は可能となっております。印鑑を作るさいには、まずはサイジングについて詳しく知っておく必要があるのです。

認印のこだわり

実印以外にも重要な印鑑はあります。それは認印と呼ばれる物で、日常生活で一番使用頻度が高い印鑑になっていますのでこだわる方も多くなっております。認印は長年しまっていて重要な時にだけ使用する実印と違い、非常に使用頻度の高い印鑑になります。例えば保険の契約やアパート契約のような契約の時であったり、宅配便を受けとったり回覧板に捺印する時など非常に頻度が高くなっております。また、会社などの場合には、回覧物や出勤簿、伝票などの書類に捺印する時など非常に使用頻度が高くなっております。

また実印と比べて認印は人前で使用する機会の多い印鑑という事になります。特に職場などで利用する機会が多い印鑑ですので、周りの方が見ている状況であまり格好の良くない印鑑を使っているというのも周りからの目も気になります。時計やスマートフォンのケースのように、認印にお金をかけてオシャレにする方も増えているのです。やはり普段使いする印鑑がおしゃれで格好いい物ですと浸かっていて気分が良くなります。たかが認印という認識が定着している中で、そこにしっかりとお金をかけているのはかなりポイントが高いと思います。大人の第一歩ですので、良い認印を購入してみてください。

印鑑の重要性

成人すると自分の印鑑を作る機会が増えると思います。しかし、初めて印鑑を作る方にとっては、どのような印鑑を作ったらよいか見当もつかないと思います。実は印鑑は使う場所や状況によって使い分ける事が重要になってきますので、一本を持ち続けるのではなく、複数の印鑑を準備しなければいけません。

もっともしっかりとした印鑑を作らなければいけないのが実印です。実印は、お金が関係する取引に使用されますので、自分の代りになる本人を象徴する存在として一生涯をともにする最も大切なはんこになっております。例えば自動車の契約であったり、マンションや住宅などの購入や売却、遺産を相続する場合、保険金や補償金の受領、官公庁での手続き、公正証書や金銭賃借証書などどれもお金が関わる重要な物になっております。

実印を普段使う場合いは、主に銀行などの金融機関との取引に使用される事が多く、口座の開設や預けている貯金を引き出したりなどにも使います。そのため、実印を落としてしまうと、拾った人が悪用してしまう可能性もありますので注意が必要になります。そのため、実印はここぞという時までしっかりと保管をしておいて、他の時に必要な印鑑は別に用意しておく必要があるのです。

こちらのページでは、印鑑の種類や使い道など、これから印鑑を作ろうと思っている方の為に、最低限知っておいて欲しい情報をまとめてご紹介しますので、これから印鑑を作成しようと思っている方は、ぜひチェックしてください。